買取トレンド.com

最新のブランドニュースから買取事情・中古市場までのホットなニュースを発信中

ブランドニュース

東京・国立新美術館で開催、企画展「カルティエ、時の結晶」

投稿日:

2019年10月2日(水)から12月16日(月)まで、カルティエ(Cartier)の企画展である「カルティエ、時の結晶」が、東京・国立新美術館にて開催されます。

カルティエの作品は、過去にも1995年、2004年、2009年と展覧会が開催されており、日本でも宝飾品の数々が紹介されているのですが、このように世界各国の主要美術館でメゾンの宝飾品のコレクションが展示紹介されるのは、多くのメゾンの中でも特筆するに値し、カルティエならではと言え、多くのカルティエファンが待ち望んでいる企画展示でもあります。

今回はそんな「カルティエ、時の結晶」についての詳細と、会場の場所、日程とともに、今回会場構成を手掛けた「新素材研究所」の詳細なども加えてご紹介します!

1970年代以降の作品を3つの章でフューチャー

ネックレス
カルティエ 2018年
仕様素材:ゴールド、ダイヤモンド、アフガニスタン産エメラルド、スピネル、ガーネット、ターコイズ、オニキス
個人蔵
Vincent Wulveryck © Cartier

今回の企画展のテーマは「時の結晶」です。1970年代以降の現代作品をフューチャーし「時間」を主軸として「色と素材」、「フォルムとデザイン」、「ユニヴァーサルな好奇心」の3つの章で、カルティエの革新的な技術と、デザインの世界観を展示し、ともに探求していきます。

「2本のフェーン(シダ)の葉」ブローチ
カルティエ  パリ、1903年
仕様素材:
プラチナ、ダイヤモンド
「カルティエ コレクション」
Nils Herrmann, Collection Cartier © Cartier

 

世界中の文化や生物、そして自然といった様々な物からインスピレーションを受けたデザイン。

長い時間をかけて美しく結晶化した希少で、メゾンに見出された宝石。

革新的でありながらも伝統的な、クラフトマンシップによって完成される数々の宝飾品は、そういったカルティエだからこそ成し得る品々です。

ブレスレット
カルティエ  2014年
仕様素材:ゴールド、ダイヤモンド、オニキス、エメラルド
個人蔵
Vincent Wulveryck © Cartier

素材の可能性を見出すことで、新しい色彩やフォルムを作り上げ、伝統を重んじるカルティエのジュエリーは、もはや芸術品の域です。

カルティエの見せるジュエリーの溢れる想像力と、美の秘密が存分に探求できる展示となっています。

約300点の作品と創作の歴史を展示

大型の「ポルティコ」ミステリークロック
カルティエ パリ、1923年
仕様素材:ゴールド、プラチナ、ロッククリスタル、ダイヤモンド、 カボションカット コーラル、オニキス、ブラックエナメル
「カルティエ コレクション」 

©Marian Gérard, Collection Cartier © Cartier

カルティエの創作活動による革新性、現代性、独自性を、約300点の作品とともに、メゾンが築き上げてきた創作の歴史を紹介していく本展示は、ゴージャスなジュエリーだけでなく、大型の置時計などの宝飾品も展示されています。

普段なかなか目にすることのできない、美しく煌びやかな宝飾品たちを、生で目にすることの出来るこの機会に、是非足を運んでみては?

会場デザインを手掛けるのは「新素材研究所」

ブレスレット
カルティエ  
2017年
仕様素材:ゴールド、ダイヤモンド、ロッククリスタル

個人蔵 
Vincent Wulveryck © Cartier

今回、会場構成を手がけるのは、杉本博司と榊田倫之による建築設計事務所の「新素材研究所」です。

「旧素材こそ最も新しい」という理念のもと、伝統的な職人の技術・素材と最新技術・素材を再編し魅せる彼らが「時」を意識しながら、回遊できる展示空間を提供してくれます。

今までのカルティエ展示とは違った、新しい鑑賞が体験できるはずです。

新素材研究所とは

写真家であり現代美術作家である杉本博司と、榊田倫之が共同で2008年に設立した建築設計事務所が「新素材研究所」。

「旧素材こそもっとも新しい」という理念のもとに、古代や中世、近世に用いられた素材や技法を、現代に編集しなおしてどのように受け継いでいくのか、という課題に取り組んでいます。

主な作品には護王神社(直島)、MOA美術館(熱海)、小田原文化財団 江之浦測候所(小田原)などがあります。

公式ホームページ:新素材研究所

開催地や日程の詳細など

企画展「カルティエ、時の結晶」は、約2か月国立新美術館にて展示開催しています。

「時間」を自由に往来しながら、新しい技術と伝統技術を重んじる、カルティエの美しい宝飾品たちを、この機会に是非堪能してみては。

企画展「カルティエ、時の結晶」
開催期間:2019年10月2日(水)〜12月16日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室 2E(東京都港区六本木 7-22-2)
電話番号:03-5777-8600
展示作品数:約300点
会場構成:新素材研究所

ブランド専門買取店に従事した経験と知識から、ブランド品の有意義な情報をお届けします。

-ブランドニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エルメスの最高傑作「バーキン」とヘンリーハイクラスの「バーキン」

Contents1 最高傑作「バーキン」と「ヘンリーハイクラスのバーキン」1.1 オススメの人気カラー1.2 元エルメスの職人が作る『ヘンリーハイクラス』 最高傑作「バーキン」と「ヘンリーハイクラスの …

カンケンバッグのフェールラーベンから北欧の自然を描いたアーティスティックな「KanKen ART」が登場!

2019年3月15日(金)に、スウェーデンのアウトドアブランド、フェールラーベン(FJALLRAVEN)から初めてのプリントデザインとなる「カンケン(Kanken)」バッグが発売されます。 スウェーデ …

出典:https://www.supremenewyork.com/

Supreme x Nikeの最強タッグコラボアイテムを調査!

2018年9月29日にシュプリーム(Supreme) x ナイキ(Nike)がコラボレーションしたアイテムを発売しました。アウターにトップス、アクセサリーまで多数のアイテムが揃います。既に人気でオーク …

ハイブランドの作る変わったアイテム~スポーツ編~

Contents1 ハイブランドの作る変わったアイテム~スポーツ編~1.1 ワールドカップ記念ボールはあのファッションブランドから1.2 高級レザーブランドが作る、渾身の野球グローブ1.3 あのラグジ …

大人可愛い!ハイブランドのiPhoneケース

新しいスマートフォンを手にしたら、欲しくなるのはケースですよね。いろいろ探しても結局はいつも同じ感じ…少し金額を出しても普段とは違う、大人可愛いケースが欲しいとお考えのあなたにぴったりかも?今回はちょ …

人気記事