買取トレンド.com

最新のブランドニュースから買取事情・中古市場までのホットなニュースを発信中

ブランドニュース

ルイヴィトンのモノグラムバッグを買取持込に向けて、使用上の注意点

投稿日:2017年8月4日 更新日:

ルイヴィトンのモノグラムバッグ、使用上の注意点

こんにちは。

中古市場でも流通量の多いモノグラムのバッグですが、

ご自身でバッグをお持ちになっていて、

買取に出してみようと考えている方も多いのではないでしょうか。

買取のお値段はその商品の状態によって決まりますので、

買取に出すにあたって、減額ポイントとなるような注意点が多々あります。

その商品の劣化は普段の使い方によっても防げる部分があり、

どうせなら売りたいときにできるだけ高い金額でお売りしたいですよね。

今回はルイヴィトンのモノグラムバッグにスポットを当て、

高価買取を狙うために、普段の使用上の注意点をご紹介いたします。

流行り廃りのない人気のハンドバッグ「アルマ」

まずは現在でも販売され続け、長きにわたって愛され続ける「アルマ」です。

こちらのバッグは人気も高く、お持ちの方が多いバッグかと思いますが、

使用するにあたって大きな弱点も持っています。

まずは雨の時の使用時。

モノグラムのバッグはほとんどヌメ革と呼ばれる部分が使われていますが、

このヌメ革、実は雨などの水でかなりシミが残りやすい特徴を持っております。

特にアルマはそこ部分がすべてヌメ革となっておりますので、

底の部分が濡れてしまうと、大きなシミができやすく、

そのようなシミのムラは買取時にお値段をつけるにあたって

大きな減点ポイントとなってしまいます。

雨が降っているときはできるだけご使用を控え、特に底の部分は水から守りましょう。

底に大きなシミがあるものと、若干の汚れがあるものではお値段に差が出てしまいますが、

この点は意識すれば防ぎやすい部分でもありますね。

ボストンタイプが使いやすさ抜群、「スピーディ」

こちらも様々なラインで展開がされている「スピーディ」です。

近年では2WAYショルダーバッグブームもあり、

ショルダーストラップが付いたスピーディバンドリエールも発売され、

その人気を上昇させています。

四角い容量がたくさんあるデザインは非常に使いやすいですが、

たくさんものを入れてしまうので、その分バッグが重くなりがちですね。

ショルダーストラップがあれば肩掛けもできますので、

より使いやすく進化したと言えるでしょう。

ちなみにショルダーストラップは取り外しも可能ですので、

ハンドバッグとしても使いやすいですね。

スピーディの注意点ですが、

画像にも映っているようにファスナー金具部分にヌメ革が付いております。

このヌメ革があることによって、通常のファスナーだけよりも非常に引っ張りやすく、

ファスナーの開け閉めをよりスムーズにします。

ですが、そこにも落とし穴があり、

このヌメ革部分は劣化してくるとだんだんと水分を失っていき、

カサカサと乾いてきます。

10年使っているくらいじゃまず問題ないくらいの劣化ですが、

ルイヴィトンという非常に質も良く流行り廃りのないバッグは、

長きに渡って使われ、親から子に譲り長く使われる方も多いでしょう。

そんな時、ファスナーのヌメ革部分がカサついてきたら、

あまり力強く引っ張らずにファスナーを開けましょう。

カサカサになってくると非常に革が弱り、切れやすくなってしまいます。

ファスナー部分が切れてしまうとパーツの欠損ということで、

こちらのファスナーが切れてしまうと、

買取時にはこちらも大きな減点ポイントとされ、

お値段が下がってしまう要因です。

劣化が進んできましたら、

ファスナー部分のヌメ革ではなく金具部分を引っ張って、

ファスナーの開け閉めする事をオススメします。

誰もが認める大人気トートバッグの定番

こちらは誰もが一度は見たことがあるであろう、

大人気バッグの「ネヴァーフル」です。

こちらはポーチが付いているタイプの新型となります。

2013,2014年辺りからポーチ付きの新型が発売され、

それまでの旧型にはポーチは付いておりませんでした。

ネヴァーフルは「いっぱいにならない」

という意味の名前のごとく、

大きな口でたくさん荷物が入るとても優秀なバッグですが、

新型でポーチが付いたことによって、さらに人気を上げましたね。

こちらのバッグの注意点ですが、

一つはその特徴のあるサイドのヒモにあります。

ヌメ革のヒモは決してヤワな作りではございませんが、

先ほどのスピーディのヌメ革同様に、

劣化が進むと革が弱り、中古市場では稀にですが

サイドのヒモが切れてしまっているものがあります。

おそらくどこかに引っ掛けてしまって切れてしまったものだと思いますが、

かなりの大ダメージです。

ネヴァーフルのサイドのヒモはこのバッグの特徴でもあり、

非常に目立つ部分ですので切れてしまわないように十分注意いたしましょう。

また買取の際に新型のポーチ付きの部分が無いと、

やはりお値段は大きく変わってしまいますので、普段バッグと別にしていても

しっかり保管して、無くさないように注意して下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ルイヴィトンは中古市場でもお値段がつきやすい人気ブランドですので

もしお売りすることを考えた時のために、

致命的なダメージは避けれるように注意いたしましょう。

ぜひご参考にしてみて下さい。

 

 

-ブランドニュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ティファニー新作はTモチーフが連なった「Tトゥルー」と新作エンゲージメントリング「ティファニートゥルー」

ティファニー(Tiffany&Co.)から「ティファニー T」コレクションより、新作「ティファニー T トゥルー」リングと、構築的なセッティングが印象的な新作エンゲージメントリング「ティファニ …

TASAKIの新作ジュエリーはデザイナーの「宇宙&天文学への憧れ」をイメージ

2019年2月6日(水)からTASAKI(タサキ)より新作ジュエリー「コズミック(cosmic)」と「キネティック(kinetic)」が発売されます。 新作ジュエリーは、デザイナーのタクーン・パニクガ …

シャネルから「カメリアコレクション」の新作を発売

出典:https://www.chanel.com/ja_JP 2019年1月11日(金)、シャネル(CHANEL)を代表するデザイン「カメリア コレクション」から、新作ジュエリーが登場します。 今期 …

FENDI/FILAのロゴを再解釈した、フェンディ マニア

出典:https://www.fendi.com/jp/ フェンディ(FENDI)から、2018年10月17日(水)より全国で販売される「フェンディ マニア(FENDI MANIA)」が登場しました。 …

出典:https://www.fashion-press.net/

ルイヴィトンの手書き風のネコやイヌのモチーフの新作小物

出典:https://www.fashion-press.net/ ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は2019年リゾートコレクションで、猫や犬などのアニマルをモチーフにした新作バッグを発表 …

人気記事